ブラームス

普段は古いボサノヴァやらサンバカンソンばかり
愛聴している根っからのブラジル音楽ファンなのですが、
晩秋になり枯葉の季節の今頃になると、何故か無性に
ブラームスの室内楽が聴きたくなる。

ブラームスの音楽は春でも夏でも無く「秋」を連想させると
先日ファームに止めた軽トラの中で昼食を摂りながら聞いていた、
FMのクラシック番組の中で司会者が云っていましたが、
成程なるほど!と納得した次第です。

そう云えばブラームスが生きた19世紀30年代から末頃は、
愛して止まないティーローズ全盛の時代。
ティーローズも自分にとっては春でも夏でも無く「秋」の薔薇です。

晩秋色のブラームスとティーローズ。
それぞれしみじみと素敵だな。。。
a0168218_23210160.jpg
a0168218_23212639.jpg
Le Pactol


[PR]
by roseantique | 2018-11-23 23:27
ファーム アイスバーグ >>