ブリューナのバラ 2015

a0168218_013269.jpg

ここも久しぶりに訪問。
昨年富岡製糸場が世界文化遺産になり、
連日見学客でごった返しになったため、
人混みが苦手なオイラは、最近何となく訪問を避けていました。

ブリューナのバラ:明治初年に官営富岡製糸場の技師として
明治政府が招聘し、来日したフランス人ブリューナが
本国から持ち込んだバラ。
この地の草分けで写真館を営んでおられる佐藤家の裏庭に、
ブリューナから贈呈された株が約140年間保存されている。
品種名はTea Roseのルーベンス。
a0168218_015738.jpg

現在は庭の入り口で苗販売中!
佐藤さん曰く…「最近は随分落ち着いて来ましたよ」
「昨年は毎日の様にメディアの取材があったり、ヘリが上空を
旋回していたけど、今は全くウソの様」

そう云えば、さっき通り抜けたダウンダウンにはあまり
人気は無かったし、あの「富士屋」さんにも客の姿は無かったなぁ。。。
また以前の様に富岡詣でがしたくなって来た〜♪(笑)
[PR]
by roseantique | 2015-09-09 00:04
<< 9.19 ファーム 苗の花 草木萌動 >>