藤田みどりさん別邸

画家で随筆家で料理研究家の多彩な才能の持ち主で、
ガーデニング界でもお馴染みの藤田みどりさん。
その著書「北鎌倉のお庭の台所」はロングセラー中です。
a0168218_00060804.jpg
a0168218_00064257.jpg
a0168218_00071486.jpg
a0168218_00074397.jpg
信州の鎌倉と評されている上田市の塩田平の築70有余年の古民家を、
数年前からリノベーションしつつ、冬以外は御夫婦でお過ごしに
なられている別邸に、地元の建築関連の広告代理店に勤めている
次女の取材のお供で、この度お邪魔して来ました。

まず驚いたのはその敷地の1300坪の広さ!
ご主人のお話では農地の購入は農家のみの限定資格で、
耕作歴が数年経過&約三反歩以上購入でないと認可が下りない由。
耕作歴は鎌倉での経験がありクリアー出来たのだそうです。

別邸をゆったりと囲む様に野菜畑・ラベンダー園・色んな果樹が並木状に
植えられたチップを敷きしめた小径があり…そこここに薔薇も
点在し花を咲かせていた。
こちらから嫁いだ、スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン、マリー・デルマー、
イレーヌ・オブ・デンマーク、エリザ・ボエルetcも皆元気でした♪
a0168218_00090628.jpg
土間のホールに鎮座したエストニア式の超大型の薪ストーブ。
本邦初導入なんだそうです!
この煉瓦張りの本体の中で、炎の熱が上下左右に循環して本体そのものを
蓄熱の塊にししかも冷めにくく、一般的な薪ストーブの何倍も暖かさの
体積・時間が持続可能で、冬が厳しい塩田平の寒さに打って付け、
来年はぜひ厳寒期もここでお過ごしになりたいとの事でした。
a0168218_00100992.jpg
この壁に埋め込まれた稲穂は、みどりさんの作品です。
改めてセンスの良さを実感しつつ、暫し楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
因に、みどりさんとユーミンは多摩美の同窓だったんだそうな!


[PR]
by roseantique | 2017-09-18 00:14
<< マリー・デュシェ 晩夏 圃場 >>