藤田みどりさん別邸

画家で随筆家で料理研究家の多彩な才能の持ち主で、
ガーデニング界でもお馴染みの藤田みどりさん。
その著書「北鎌倉のお庭の台所」はロングセラー中です。
a0168218_00060804.jpg
a0168218_00064257.jpg
a0168218_00071486.jpg
a0168218_00074397.jpg
信州の鎌倉と評されている上田市の塩田平の築70有余年の古民家を、
数年前からリノベーションしつつ、冬以外は御夫婦でお過ごしに
なられている別邸に、地元の建築関連の広告代理店に勤めている
次女の取材のお供で、この度お邪魔して来ました。

まず驚いたのはその敷地の1300坪の広さ!
ご主人のお話では農地の購入は農家のみの限定資格で、
耕作歴が数年経過&約三反歩以上購入でないと認可が下りない由。
耕作歴は鎌倉での経験がありクリアー出来たのだそうです。

別邸をゆったりと囲む様に野菜畑・ラベンダー園・色んな果樹が並木状に
植えられたチップを敷きしめた小径があり…そこここに薔薇も
点在し花を咲かせていた。
こちらから嫁いだ、スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン、マリー・デルマー、
イレーヌ・オブ・デンマーク、エリザ・ボエルetcも皆元気でした♪
a0168218_00090628.jpg
土間のホールに鎮座したエストニア式の超大型の薪ストーブ。
本邦初導入なんだそうです!
この煉瓦張りの本体の中で、炎の熱が上下左右に循環して本体そのものを
蓄熱の塊にししかも冷めにくく、一般的な薪ストーブの何倍も暖かさの
体積・時間が持続可能で、冬が厳しい塩田平の寒さに打って付け、
来年はぜひ厳寒期もここでお過ごしになりたいとの事でした。
a0168218_00100992.jpg
この壁に埋め込まれた稲穂は、みどりさんの作品です。
改めてセンスの良さを実感しつつ、暫し楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
因に、みどりさんとユーミンは多摩美の同窓だったんだそうな!


[PR]
# by roseantique | 2017-09-18 00:14

晩夏 圃場

a0168218_00064172.jpg
a0168218_00070783.jpg
a0168218_00073211.jpg
今月に入って、連日の夕立やらでやや降雨過多気味。
例年8月になると苗は俄然加速度的にぐんぐん生育するのですが、
今年は特に水分にも恵まれて、日に日に新芽を展開しシュートを出し、
楽しくなってしまう程成長し続ける♪
a0168218_00080785.jpg
ユキズドリームと云う名前のChina Rose。
チャイナもこれまで沢山苗を育てて来ましたが、
こんなに生育旺盛な品種苗は初めてです。
7月まではブッシュ性なのだと思っていたけど、
もしかしたらシュラブかな?クライミングなのかな?。。。
画像では解りませんが、隠れた株元には赤いシュートの芽も沢山!
10月には怪獣になっているかも?(笑)


[PR]
# by roseantique | 2017-08-28 00:11

2番花カットローズ

a0168218_23410117.jpg
毎週通っている水曜日夜のポルトガル語教室が、
今週から月曜日夜になりました。
つまり水曜日と月曜日のクラスが合同したって事で、
そんな訳で初めてお会いする生徒仲間のために、
挨拶代わりにファームの花を沢山カットして来ました。
a0168218_23412564.jpg
a0168218_23414596.jpg
2番花なのでちょっと貧相かも?
でも人数で圧倒しているSenhoraさん達は、
たぶん喜んでくれるでしょう。。。?(笑)


[PR]
# by roseantique | 2017-07-24 23:43

エイリー・ボービレァン

a0168218_00015352.jpg
a0168218_00023191.jpg

Elie Beauvillain Noisette

Bred by Beauvilain / Beauvillain (France, 1887)

Gloire de Dijon × Ophirie

[PR]
# by roseantique | 2017-07-03 00:03

お庭訪問 2

「シンボルローズのプシュケが咲き出しました」との
お知らせを頂き、御注文頂いた苗を携えまたまたFさん宅へ…
a0168218_00072374.jpg
a0168218_00074468.jpg
他のバラはハイシーズンを過ぎたものも多かったですが、
プシュケ同様、咲き出した品種やこれから咲き出す遅咲きの
品種も、まだそこここに柔らかな緑を湛えていました。
a0168218_00081049.jpg
a0168218_00083416.jpg
a0168218_00090215.jpg
a0168218_00093364.jpg
その日は薄曇りの所為もあり、また周りの林からの郭公の鳴き声が
聞こえたりして、本当に初夏の軽井沢らしい清々しい日和です。
ゆったりとした散策路を改めて巡り、その居心地の良さと云ったら!
いつまでもここで夢心地で居たいと…
a0168218_00101956.jpg
a0168218_00103918.jpg
6月の軽井沢の爽やかさを絵に描いた様なプシュケローズ。
生育はしかし非常に旺盛そうで、傍らで野太いシュートが天を
突く様に伸びていました。
a0168218_00110124.jpg
ちょっと立ち寄るだけのつもりが、あまりの心地良さでついつい
長居をしてしまった。
Fさん、お付き合い下さって本当にありがとうございました!
これからもますます素敵に進化して行くでしょうお庭が、
とっても楽しみです♪


[PR]
# by roseantique | 2017-06-28 00:14

お庭訪問

先日メールで「咲き始めましたので、ぜひいらして下さい」と
お誘い下さった軽井沢のお客様Fさん宅へ再び…
今年2回目の訪問となりました。
a0168218_23375288.jpg
a0168218_23382485.jpg
a0168218_23390868.jpg
a0168218_23393772.jpg
a0168218_23400382.jpg
Psyche's Rose Garden」って名前も素敵です!
軽井沢追分の別荘地帯の林の中に、ゆったりとした散策路が
約400坪の庭を、あちらからこちらからと心地良く巡る様に
続いており、別荘林の借景と相まって本当に居心地が良いです♪
追分と云う土地柄、文学的な香りも感じられました。
a0168218_23402552.jpg
夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ひばりのうたひやまない
しづまりかへつた午さがりの林道を…

立原道造のこんな詩の一節がホント良く似合いますね。
a0168218_23405248.jpg
庭の名称の元となった、またシンボル的存在のプシュケローズ。
19世紀末作出ハイブリッド・ムルティフローラの1品種で、
ポールズ・ピンク・ランブラーとも呼ばれているそうです。
このバラが咲き誇る頃、またまたぜひお邪魔して撮影したいです。
乞うご期待!!
それから実は一番嬉しかったのが、こちらから嫁いだ幾つかの
ティーローズ達が、心配していた厳寒の軽井沢の冬を無事乗り切り、
みんな元気にシュートを伸ばし、蕾を付けていた事でした。
品種に因っては、軽井沢でも大丈夫みたい〜♪


[PR]
# by roseantique | 2017-06-10 23:45

ダローズ・エニグマ

a0168218_23321877.jpg
a0168218_23325883.jpg

Darlow's Enigma

Found Rose, Hybrid Musk
Discovered by Mike Darlow (United States, 1993)

Strong fragrance Height of 6' to 12' (185 to 365 cm)

[PR]
# by roseantique | 2017-06-09 23:34